教育改革2020

教育改革と大学入試改革

現在、文部科学省が進めている教育改革は今の子供達が高度情報化社会の中で生き抜くことができるように、学力を身につけることを目指しています。

その力を一言で表すと「生きる力」。
教育改革の目的はその「生きる力」を養うために行うというのが目的。

そして、もうすでに始まっている日本社会の人口減少にも対応するための改革であるということも覚えておく必要があります。

若い人が減っていくということは、これからますます少ない人数でより効率的、効果的な働き方が求められていくということで、先述の「生きる力」を備えた生産性の高い人材を育成するためには、大学の入試制度の改革を行わなければ達成できないと考えられています。

新たな大学入試制度の基本方針は、「確かな学力」の有無・程度を選抜の基準とすることになっています。その「確かな学力」とは、つぎの3つとしています。

【確かな学力の三要素】
①まずは何をするにしても基盤となる「基本的な知識・技能

②その基盤となる「知識・技能を活用して、自ら課題を発見しその解決に向けて探求し、
 成果等を表現するために必要な思考力・判断力・表現力等の能力

③これからの時代に社会で生き抜くために必要な、
主体性を持って多様な人々と協働して学ぶ態度(主体性・多様性・協働性)」

上記の「確かな学力」が身についているかどうかを確認するためのテストが以下の通りとなります。

①「基礎的な知識・技能」が身についているか
  →「高校生のための学びの基礎診断(23年度までは大学入試に用いず)」で判断

②「思考力・判断力・表現力」が身についているか
  →「大学入試共通テスト」で判断

③「主体性・多様性・協働性」があるか
  →「個別選抜(各大学が独自に実施する学力検査)」で判断

そして新しい入試制度は以下の3つに分けられています。

一般選抜(旧:一般入試)
総合型選抜(旧:AO入試)
学校推薦型選抜(旧:推薦入試)

いずれの選抜も、各大学が独自に実施する「個別選抜」のみの場合と
「個別選抜」と「大学入学共通テスト」とを組み合わせて実施する場合とがあり
総合型選抜と学校推薦型選抜ではいずれ、先述した「高校生のための学びの基礎診断」として外部の資格試験・検定が利用されることになるでしょう。

  1. 教育総合

    どうして勉強ってするんだろう?
  2. 教育改革2020

    教育改革と大学入試改革
PAGE TOP